キャストと付き合える?

こんにちは、管理人のヒゲ(元相席屋店長)です。

 

スナック通いを始めると、どうしても考えてしまうのがキャスト(スタッフ・店員)とのお付き合い。

 

特にスナックというところはキャストさんとの距離も近くなりがちですから、ぜひともそんなことにならないかなと思ってしまいますよね。

 

しかし、本当にそんなことありえるのでしょうか?

 

出来ればお願いしたいと思っていても、結局自分の思い込みだけだったら恥ずかしいなと思っているあなたに、実は結構いけるのだということをご説明します。

そう、結構いけるのです。

スナックのキャストは自由恋愛

ここで重要なのはスナックのキャストのお姉さま方は、けっこう自由だということです。

営業ノルマがほとんどない。

まず押さえておきたいのが、これ。

 

これが実際キャバクラやクラブといった場所だと、そこの嬢の皆さんには当然ノルマがあって、アフターにしろ同伴にしろ月○○人とか決められてたりします。

 

しかも、営業成績が個人につきますから、お客を呼ぼうとそれはもう必死です。

 

毎回のようにアフターに誘って、エッチもして、休日に個人的に会うような間柄に慣れたとしてもそのすべてが全部営業だったなんてこともありますよね。

でも、スナックには基本そういうノルマはありません。

アフターやデートの本気度が違う

ですので、スナックのキャストとのアフターやデートは、ある意味ガチ。

 

だってほとんどのスナックのキャストのお姉さんとしては、そんなことしてもしなくても収入に何の影響もないのですから、それはもはやただのデート。

 

仕事の関係で知り合った男性との普通のイベントです。

 

もちろん、心のどこかには、これからもお店に来てほしいと思う気持ちはあるかもしれませんが、キャバクラやクラブの嬢の方と比べたらそれはほんとに微々たるもの。

もう一度言います、ガチです。

スナックのキャストさんはお客さんと結婚しがち

なんかRGのあるあるネタっぽくなってしまいましたが、これもほんと。

 

色々なスナックにキャストのお姉さんたちがいらっしゃいますが、けっこうお客さんと結婚した人って多いんですよね。

 

まあ、そこが圧倒的に異性と出会える場所ですから仕方ないのかもしれませんが。

 

ですから、付き合っているというのも含めると、その確率はかなり高め。

 

もちろん統計を取ったことはありませんが、体感的には半数近くのお姉さんたちが、お客さんと付き合っているもしくは付き合った経験があるといってもいいでしょう。

 

そう、スナックのキャストのお姉さんとは、付き合えるのです。

どうやったら付き合えるのか

では、どうやったら付き合えるのかを考えていきましょう。

お店に通うのは当然です。

まずは常連になるというのは、これは当然ですね。

 

初見、もしくは1,2度来ただけの相手にいきなり告白されたりそんな雰囲気出されたってキャストのお姉さんは困ってしまいます。

 

相手はあなただけではありません、他の常連客だって大事なお客さん。

 

むしろ他の常連客の方が、圧倒的に大事なお客さんなので、常連にもなっていない人と仲良く恋愛なんかできるはずがないんですね。

 

しっかり通って、しっかりとお金を落とす。

いくらスナックはキャバクラに比べて商売っ気が薄いとはいえ、それはマナーです。

当たり前の人間関係をしっかりと考える

キャバクラやクラブの嬢との付き合いは、いかにお金を使うかがポイントです。

 

どんなにイケメンであろうと、優しい人であろうと、ああいうところではお金を使わない人間は全くもてません。
しかし、スナックは違います。

 

それこそ数千円でしっかり飲ませるのがスナックですから、お金をまいてくれないからといって塩対応をしていては話にならないわけです。

 

ですから、ポイントはお金ではなく人柄。

そこにいるのは営業を仕掛けてくる人ではなく、一人の女性としてしっかりと接して、自分をアピールしていくのが実は正解です。

この後も一緒にいたいなと思う人であれ

スナックにいるとき、あなたはお客です。

 

それは間違いありませんし、お客である以上、その場であなたはある程度えらそうにしても怒られません。

 

しかし、もしそんな態度の人間がいたとして、あなたはその人と仕事終わってまで飲みに行きたいと思うでしょうか?

 

思いませんよね、そう、それではダメなんです。

 

スナックは、ある意味ママという人間を中心にした家です。

ですから、いくらお金を払っているとしても、その家の中で傍若無人にふるまうような人間がその家の人間に好かれるはずはありません。

 

少なくとも、営業あとに一緒に飲みにはいってはくれませんし、そんな人と付き合う人はいないのです。

将を射んと欲すれば先ず馬を射よ

スナックの絶対権力者にして大ボスである、ママ。

 

この人に嫌われてしまっては、楽しいスナックライフはおろか、下手をしたら出禁になってもおかしくはないというくらいスナックにおけるすべての中心です。

 

ですから、キャストのお姉さま方もママの意向に段々と寄っていくのは仕方のないところ。

 

ママがあの人好きだといえばなんとなくその人はいい人に見えてくるし、あの人は嫌いだといえば一緒に悪口でもありあがるくらいは当然やります。

 

ですから、まずはママをしっかりと自分の陣営に引き込んでおくべきなのです。

 

ママにとって、ステキなお客というのは、お金の払い方がクリーンで(別に大金をはたく必要はない)場の空気をしっかりと読んで、しかも気さくな人。

 

こういう人間としてスナックライフを送っておくことこそ、キャストのお姉さんと付き合う最短経路。

 

ママがかなめ、これはスナックでは鉄則なのです。