キャストとライン

こんにちは、管理人のヒゲ(元相席屋店長)です。

 

スナックのキャストさんから送られてくる営業LINE。

 

もちろんそれはお仕事なのですから、そこに怪しいお誘いや付き合いやラブの波動を感じてしまうのは問題ですが、そうは言ってもお目当ての娘だったらうれしいですよね。

 

ではこの営業LINEどのくらい信用してもいいのでしょうか?

 

そして、もし、そのことを本気で狙っていく場合、どんな風に反応すればいいのでしょうか。

その辺について、しっかりと見ていきましょう。

営業LINEは営業LINEです。

これはどんなものでもそうですが、営業LINEは営業LINEなんですね。

そこまで商売っ気はないけれど……

スナックの営業LINE(メール)は、キャバクラやクラブと違ってそこまで激しい商売っ気はありません。

 

というのも、スナックのキャストさんはキャバクラなどの嬢と違って指名料を取るところはほとんどありませんし、ほとんどのスナックでその辺にノルマは課されていません。

 

しかし、お店のことを考えて、できるだけそういうことをしておこうとはします。

 

つまり、ガツガツした営業LINEではないんですね。ただ、営業メールであることは間違いありません。

営業LINEには期待しない

もうこれは、夜のお店の鉄則です。

 

何度も言いますが、キャバクラの嬢のようにそこまで商売っ気はないので、懐の中味だけを期待してメールを送ってくるわけではありませんが、それでも、気があるわけではありません。

 

来てほしくない客には送らないくらいの感じで、誰にでも送ってくるものです。

 

ですので、そのラインを受けて「あ、俺に気があるかも?」みたいな感じになるのはもってのほか。

 

もちろん、来てほしくないというレベルで嫌われているわけではないんだなくらいは思ってもいいですが、個人的に何か意味があるわけではありません。

営業LINEからどう抜け出すのか

とはいえ、LINEを交わし合っているのですから個人的な連絡はとれるわけです。

 

ですので一番のポイントは、いつまでもこの営業LINEのやり取りに満足してはいけないというところなんですね。

 

つまり、営業LINEから、当たり前のに人付き合いのステージに移行する、もしくは友人や知人といった損得勘定のないステージにどう脱却するかがポイントです。

 

もしこの営業LINEのステージから脱却できれば、それはもうその時点で大当たり。新しい展望はすぐそこです。

営業LINEからの脱却大作戦!

では具体的に営業LINEから脱却する方法を見ていきましょう。

営業LINEをもらえるくらいには通おう

まあこれは当然ですね。

 

スナックのキャストさんも、まったく通ってくれなさそうな人に営業LINEを出したりはしないですから、少なくとも営業LINEを出したいと思うレベルは通っておきましょう。

 

で、しっかりとLINEを交換しておくこと。

これで営業LINEをしっかりもらえる環境を作りましょう。

営業LINEにはしっかりと乗っかる

次に、営業LINEに対してはしっかりと乗っかっておきましょう。

 

乗っかりというのは、つまり営業LINEが来たらちゃんとお店に行きましょうということですね。

 

基本的に営業LINEはあなただけではなく色々な人におくるものです。

 

そして、その作業は完全に時間外労働(しかも無給)ですのでキャストさんからしてみればあんまりたくさんを送るのはおっくうなんですね。

そうなれば、送っても来ない人の所へのラインは減ります。これは当然ですよね。

しっかりと営業LINEが来るようになったら会話を試みよう

しっかりと営業LINEが来るようになったら、今度は会話を試みてみましょう。

 

基本的にはどんな話題でもいいんですが、お店で話していた内容の続きなんかはかなり向こうも話しやすくていいかもしれませんね。

 

もちろん、会話を始めるときには「今いそがしくない?」などの一言が必要です。

 

この一言に対して「忙しい」と帰ってきた場合には、食い下がらずに「じゃぁお店で話すね、今夜行くね」くらいの返事をスマートに返せると好感触です。

この辺りでは、まだしっかりとお客の立場を守りましょう。

営業LINEで会話ができるようになったら挨拶を定時に。

これは別にスナックのキャストさん相手ではなくても同じですが、LINEを意識し始めるきっかけは習慣性です。

 

もちろん、心底嫌われている場合は逆効果ですが(それはなんとなく察してね)そうでない限り、いつも同じ時間にLINEが来るというのは、相手にとって印象が強いんですね。

 

ですので、これを狙って相手にとって不快でない時間に挨拶などを送っておきましょう。

そのラインに、向こうから反応を示してきたら、かなり高確率リーチです。

お店の1対1の会話の中にLINEの会話の続きを差し込んでいこう

大切なポイントは1対1であること。

 

あなたが大事なお客様、もしくは印象に強いお客様になればなるほど、キャストの女の子と1対1で話す場面は増えてきます。
そんな時に、LINEの会話の続きを差し込んでいきましょう。

 

もちろん、そこでは具体的なことを言わずに「こないだのラインのあれどうなったの?」みたいな、親密感の高い言い方にすることをおすすめします。

 

というのも、親密度はぶっちゃけイメージです。

ただ、1対1じゃない時にこれをやると、お店の雰囲気を壊してしまいますので要注意です。

あと誘うチャンスをうかがうだけ

あとは、アフターや休日デートに誘うタイミングをうかがうだけ。

 

この段階であなたは、アフターや休日に直接会ってまで営業する必要のない人間になっているはずですから、この誘いに乗ってきたらかなり激熱。

 

そのままホテルに消えるなんてことも、ないとは言えません。

キャバクラなどよりは断然営業の壁を越えやすい

スナックの営業LINEは、キャバクラなどに比べれば断然営業の壁を越えやすいものです。

 

キャバクラの壁が万里の長城なら、隣の生垣レベルの壁でしかないということを覚えておきましょう。

 

ただし、逆に営業LINEでないからこそ、向こうもずっと下手に出てくるようなことはありませんし、こっちが横暴で相手のことを考えないラインを送ってしまうとOUT確率が高いのも事実。

 

あくまで、ちゃんとした節度を持って、「脱営業LINE」に挑戦してみてください。